お願い
ご愛読ありがとうございます。
コメントを投稿される場合、ハンドルネームは他のかたと区別ができるよう「お名前らしいもの」でお願い致します。
そうではないと判断させて頂いた場合、削除させて頂くこともありますので、ご了承下さい。
携帯からの投稿の場合、絵文字は文字化けしますのでお使いにならないようお気を付けくださいませ。

2017年09月02日

なんだか大事件

日野皓正さんがソロをやめない中学生の子に対して行った“指導”が物議をかもしているようです。
まとめサイトなどを読むと、ソロ回しの時に事件は起きたらしい。
順番にソロを回していて、みんな決まった長さでやっていた。けれど、その子は延々とドラムを叩き続け、ほかのパートの子を煽って参加させたけれどうまくいかずほかの子は離脱。でもまだまだ叩き続けていたために日野さんが止めに入ったようですね。言葉で言っても止まらなかったのでスティックを取り上げて投げ捨てた…けど止まらないから実力行使に至ったというのが実態のようです。それも言われているような強さではなかったという目撃談もあります。
私もV6にはまる前はジャズやらフュージョンの世界に多少なりとも接していたのですが、ソロ回しはそこまで長いのって普通はないと思います。そして、長々とやっていても、バンマス(今回は日野さんです)がストップの合図を送れば(キリのいいところで)やめるもんです。
やりすぎたというのは当人も親御さんもわかっていて反省なさっているようですから安心しましたが…。
ニュース番組のインタビューでも幸せなひと時だったと言っているし。
日野さんがコメントで自分たちは親子なんだとおっしゃっているくらいな関係だったからこその事件だったかもしれないですね。その子は自分なら許してもらえると勘違いをしてしまったのかも。
まあなんにせよ、一部分だけを切り取って報じられると日野さんばかりが悪い感じになってしまいますね。
確かに演奏会の舞台で普通はあんなことは起きません。つまり、それだけの事態だったといえるのでしょう。
以前読んだ本に「報道が真実とは限らない」というのがあり、今回もそれを思い出しました。
報道といっても、報道する人にも意思があるからそれに見合った報じ方をすることで思ったように印象付けることはむつかしいことではないのです。報道というだけで見る側は勝手に公正中立と思ってしまう、そこに落とし穴がある。
「一部始終をカメラが見ていました」という防犯カメラなどの映像に“効果音”をつけることもあるといいますから、そこらへんを踏まえて見る必要があるのです。
新聞も偏りがありますから、できるなら全部に目を通すのが理想かもしれないですね(アンケートなどは思った結果を導き出すような設問を作ることができますからそれも踏まえて)。今はネットニュースでそれぞれの新聞の記事が読めるから、同じニュースがどのような観点で報じられているか比べ安くなっているのはありがたいことかもしれません。
…ってなんか変な話になってしまいました(^^;
ヒノテルさん、74歳でしたっけ?いまだに活動されてるのはうれしい限りです。
私が好きだったThe Playersも日野さんがゲストプレイヤーとしてアルバムに参加なさっていたし、大昔の『愛は地球を救う』(欽ちゃんがまだ関わっていたころ)に、そのThe Playersと日野さんがセッションをして、その現場を見に行ったことを思い出します。
The Playersのバンマスとギタリスト、そして日野さんの弟さんでドラマーの日野元彦さんはもうなくなってしまったけれど…。

と、なんだか重苦しい感じになってしまいました(^^;
懐かしい方を妙な話題で目にしたのでついつい…。



では、レスり〜です!!



レスり〜
ラベル:日野皓正
posted by さすらい母 at 23:51| 東京 ☁| Comment(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする