お願い
ご愛読ありがとうございます。
コメントを投稿される場合、ハンドルネームは他のかたと区別ができるよう「お名前らしいもの」でお願い致します。
そうではないと判断させて頂いた場合、削除させて頂くこともありますので、ご了承下さい。
携帯からの投稿の場合、絵文字は文字化けしますのでお使いにならないようお気を付けくださいませ。

2012年03月18日

岡田くんとV6

昨日、車庫入れするのに、以前『あさイチ』で紹介していた方法を試してみました。
いつも行くショッピングセンターは柱があったり消化器があったりしてなかなか実践できなかったのですが、ホームセンターは完全な平地で引いてあるだけ。
で、やってみたらばっちりでした!!
いや〜、凄い凄い!!
みなさんも是非おためしください。
もちろんぶつからないように確認は怠りなく(^^)


昨日、ちょこっとだけ雑誌の整理をしたら、岡田くんのインタビュー記事が出て来ました。
2010年のポポロ。
大見出し(?)が「V6のメンバーとしての自分を幸せに思ってるよ!」です。
もうこの時点で嬉しくなります。
メンバーひとりひとりのことを話していますね。

健くんはかわいい:(略)前に「身体年齢がわかる体重計がハヤったとき、健くんの肉体は20代前半だったから、きっと細胞レベルで若いんだと思うよ。
あと伝統行事とかが好きで、冬至の日には、ゆずをくれたりするんだ。(中略)
甘え上手だけど不器用なところもあって、“ありがとう”ってテレくさそうに言うの。素直に言えばいいのに、強がっちゃうところも、これまたカワイイ!
イノッチはヤンチャな人:昔のイノッチは、すっごくヤンチャだったな(苦笑)。良で寝ている間に顔や体にイタズラされたし、酷い目にあった後輩は何人もいるよ(笑)。でも、アツいところは昔も今も変らないし、すごくいい人。
(中略)アツく語りすぎて、たまに何話してるのかわからないことがあるんだ(笑)。でも、一生懸命だから、そういうときは俺もツッコまないで一生懸命聞いてる(笑)。
イノッチがいたからV6はここまで来れたんだと思うよ。(後略)
剛くんは男気のある人:で、剛くんもヤンチャだったね。イノッチとは違うshる胃の何茶で、気が強いというか負けず嫌いというか…ヤンキー気質!?(笑)
それが大人になって、“頼れる男気”の部分だけが残った気がする。男は黙って的な感じで、言葉が足りなくても、俺たちはずっといっしょにいるから、何でも理解し合えてる。それに、朝会って「おはよう」って声をかけると、メンバー内でいちばん元気な声で「おはよう!」って返してくれるんだ。(略)男としてカッコイイって思うよ。
長野くんは超優しい人:初めて会ったとき、合宿所で牛丼食べてた長野くんの姿をとてもよく覚えてる(笑)。今もイメージが変らないのは、髪型が変らないせいかな!?
(中略)『SP』の撮影をしてるとき、スタッフさんから「岡田くん、この近くに、ウマいラーメン屋さんない?」って聞かれて「俺は知らないけど、知ってる人を知ってるよ」って長野くんに電話した(笑)。そしたら、調べてくれて折り返してくれたんだ。しかも、候補のお店を3軒もあげてくれたの。やさしいでしょ!?
坂本くんは頼れる人:V6でいちばん“武勇伝”があるのが、坂本くんだね。デビューのころは、Jr.のなかでも大先輩で別格だったから、初めて会ったときは、心臓がバクバクしたよ(笑)。大阪で、舞台終りの坂本くんと初対面して挨拶したんだけど…舞台メイクのまゆ毛tか化粧がめちゃめちゃ濃くて、「よろしく、坂本です」って言われたんだけど、“濃い〜”って思った(笑)。
当時は14歳の俺にとって10歳上の坂本くんは頼れる存在だったなぁ。俺は末っ子だから、“メンバーが先生”という気持ちでいろんなことを教わったし、感謝してるんだ。
俺・岡田はV6を愛する人:最後は、俺の話…。今ふり返ると、20代前半までは“繊細な子”だったかもね。“生きるとは”みたいなことを考えて哲学書を読みあさったり(照)。
でも、そういう時期があってよかったと思うよ。人や作品に出会うのも才能のひとつだったとしたら、あのとき悩んだり迷ったりしたからこそ、いろんな出会いがあって今に続いてるから。当時、哲学者っぽく、難解なフランス語でつけてたメアドも、今は超シンプル(笑)。
15年経った今、メンバーとのコミュニケーションもバッチリだし、俺はV6が大好きなんだなって心から思うんだ。

これを読むと、やっぱりぶれない男だなと思いました。

メンバーは先生といって、なにかでは「最初の2年間は怒られてばかりいたような気がする」と言ってました。語尾に(笑)がついていたから今は笑い話になっていると思いますが、当時はやっぱり落込むことも多かったんじゃないかな。
右も左もわからないわけで、わからないのが当り前。出来なくても仕方ない。でも、仕事である以上、それは許されないという厳しい世界なわけで…。
自分だったら持たないなぁ…。すぐにしっぽを巻いて逃げ出していただろうと思います。
自分から飛込んだならある程度はがんばりますけど、そうじゃないですものね。
静かだけど“熱い男”の岡田くんだからがんばれたのかな。

今はとにかくメンバー全員穏やかな素敵な表情。
ファンクラブの会報が届きましたが、表紙の写真はいつも本当に楽しそうで。
これからも活躍を楽しみにしてますよ(^^)
(ところで、あの場所はどこだろう?)



では、レスり〜です。



>仕事があると、テレビを観る時間も限られてくるので仕方ありませんね。
そうですね〜。それに加えて、子供がいろいろ占拠しているのでなかなか…(^^;)

>徹子さんが『とてもリーダーらしい方』と言ってくれたのが嬉しかったです。
そうでしたね。本当にそう思います。穏やかで素敵な紳士でした。

>HP情報、ありがとうございます。早速観てきました。
よかった♪

>曲もとても明るくて好きです。タップを踏んでいるのが目に浮かぶようですね。
なかなかいい感じでしょう?往年のジャズというか、スタンダードなんですよね。
それを歌い踊る姿を見てみたいなぁとつくづくおもいました。
今からじゃ間に合わないかな?
いつも褒めてくださる石原さんがご覧になったらどういう感想を抱かれるかな。

>坂本君のミュージカルは、去年のゾロしか観てないのですが、本当に素晴らしかったです。
私も観に行ったんですよ!!
かっこよかったですよね(^^)
ちょっとコミカルなところもあったりして、とても楽しめました。

>東宝ミュージカルをオーディションを受けてまでやりたかった役と言うだけあって、坂本君の歌声に鳥肌がたちました。(笑)
自分の実力を知るためにも受けたかったと言ってましたね。いいところも悪いところも知ることが出来るからと。
坂本くんくらいならなにもしなくても安泰に過せるだろうに、落ちるかもしれないオーディションを受ける…その場にとどまらずに常に挑戦を続け前へと進むV6のリーダーらしいです。

>ゾロは再演してもらいたい作品です。もう一度あの歌声を聴きたいです。
そうですね(^^)

>坂本君のミュージカルは、ブロードウェイでも十分通用すると思うので、いつか実現する日が来る事を願っています。
本当にそうですね。歌やダンスだけじゃなく、スタイルもいいし、大人の魅力もあるから是非アメリカ人を悩殺してほしいです♪

>V6には、ミュージカルスター、演技派俳優、NHKのキャスターと様々なジャンルで活躍している人がいるのもファンとしては自慢したい所ですね。食の専門家もいますし、、。(笑)これからもどんどん活躍の場を広げていって欲しいと思います。
個性もばらばらなら得意分野もばらばらで本当に個性あふれるグループですよね。
実力もばっちりなので末永く活躍して欲しいと思います(^^)
タグ:V6 岡田准一
posted by さすらい母 at 00:06| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | V6 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
母さま、おはようございます。

『my one and only』
昨日、見て来ました。

とっても楽しいショーです。

本当にスタンダードなので、そこが退屈に感じる向きもあるかも知れませんが、私には大満足!でした。

なにより、リーダーが!
本当に伸びのびと楽しそうに、美声を惜しげもなく披露してくださるのがたまりません!

是非!
Posted by sintaro at 2012年03月18日 08:02
母様、皆様、こんにちは〜!

母様、お休み日にコメントしてごめんなさい!m(__)m

ちょっとだけで帰るから許してね〜。


例の車庫入れですが、私もあさイチで見てから、機会があれば実践していますが、確かにすごいです。一発できれいに入ります!
そのたびに“おお〜〜!”と、つい声に出てしまうくらいすごいです。

sintaro様、リーダーのミュージカル行かれたのですね。いいなぁ!
私は昨年の『ゾロ』、名古屋公演があったので、思い切って行って
坂本くんの美声とフライング、見てきましたが、本当によかったです。オープニング、観客席から登場する時に、坂本くんからほんの3m
くらいの席で横顔をしっかり見ることが出来たんですよ。
『ゾロ』はDVDにはならないんでしょうか?
ぜひ、もう一度見たいです。

では、この辺で〜!
Posted by すなふきん at 2012年03月18日 14:18
母様、みなさまこんにちは。

へんさーちの素敵レポや、ミュージカル情報を拝見できてうれしいです♪なかなかミュージカルを見に行くのが難しいのでDVDになったらうれしいなぁ。母様ポポロの記事紹介ありがとうございました!岡田君のメンバーへの気持ちが伝わってくる素敵な記事ですね〜。
私はおそまきながら映画「おとなり」をDVDで観ました。内容に関わることをどのくらい書いていいのかわからないのですが、最後にノックして扉を開けた岡田君の表情にノックアウト!でした(もちろんその前から繊細な演技に引き込まれっぱなしでしたが)。ちょうどへんさーちのテクニシャン女子の一件?もあったので、気がつけば見守って寄り添ってくれているような愛し方が、ご本人ももしかしたらそんなタイプ・・・?なんて夢見てしまいそうでした。いざというときは情熱的な男らしさもありそうですね。「花よりもなほ」も表情が素敵なんですね。是非近々見てみたいです。

出先でちょこちょこ見たりするので、コメントせずに失礼することも多いのですが、いつも母様と皆様のコメントを楽しく、うれしく拝見しています。お許しくださいませ。ではまた。
Posted by たついぬ at 2012年03月19日 17:44
はじめまして。

半年前に突然V6に目覚めてしまい、色々検索しているうちにこちらのブログにたどり着きました。楽しく拝読しています。

すみませんが聞いてください!

今日娘の小学校の卒業式でした。PTA会長の祝辞のときにいきなり「V6の岡田くんが〜」と聞こえてきてびっくり。缶コーヒーのCMでサイコロを持って「重っ」と言った岡田くんが「大人は色々しょっているから」と言われたシーンを紹介して、大人の責任について語っていました。

卒業式で「V6の岡田くん…」という台詞を聞くとは思わなかったのでびっくりしました。

すみません。誰かに聞いて欲しくて…。おじゃましました!
Posted by みみくるりん at 2012年03月19日 20:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/258297506
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック