お願い
ご愛読ありがとうございます。
コメントを投稿される場合、ハンドルネームは他のかたと区別ができるよう「お名前らしいもの」でお願い致します。
そうではないと判断させて頂いた場合、削除させて頂くこともありますので、ご了承下さい。
携帯からの投稿の場合、絵文字は文字化けしますのでお使いにならないようお気を付けくださいませ。

2015年02月12日

ジョーカー・ゲーム


水曜日の祝日、『ジョーカーゲーム』を観に行ってきました。
祝日だったせいか、当該映画館にしては珍しいくらいの入りでした(見終わってチケットのもぎりの所を見たら、これまたみたことのない大行列!)。
あまり色々言うと、まだご覧になっていないかたにネタバレになってしまうので言えませんけど、一言で言うならスタイリッシュなアクションってところでしょうか。
どーしても岡田くんと比べてしまいますが、やはりリアリティという点では岡田くんのアクションでしょうかね〜。
まあそれは演出もありますし。
岡田くんの殺陣は、本当にやってやられてという、苦しさや痛みを感じるものだなと思います。
この作品はそういうアクションを見せるものではなく、危ないところをくぐり抜ける亀梨くんの華麗な姿をご堪能あれ!って感じかも?
ぎちぎちのスパイ映画かというと、そういう感じでは無く、ちょっと軽めのコミカルな要素もある作品でした。
今、亀梨くんはテレビ朝日のナイトドラマで深キョンと共演してますけど、この映画でも共演しているとは知らなかったのでびっくり!!

あとは『ST』だけど…もう終わっちゃったですかね(^^;)



では、レスり〜♪



ひろさん、

>昔は、手づくりの洋服を作るおかあさんが多かったのですが、服飾系の学生が増え、最近はコスプレヤーの聖地なんですか…地元なのにそれは知りませんでした。
お客さんの変遷ですね。
私は手芸はからきし駄目で…。幼稚園のときに手提げを作らなければならなかったのですが、四角なのにほんと大変でした。よく作ったよ…ってかんじ(^^;)

>激安店の紹介などでメデイアに取り上げられる機会も増え、海外の方や、遠方からと年々人出が多いのは確かです。(ハロウィン前も凄かった(^_^;)
おお…やっぱり安いんですね。作れる人なら買うかもですね。

>それから映画の衣装用に買いにこられたりもするんですよ。
何でも揃ってるのですね。宝の山なのかも(^^)

>GR…可愛かったですぅ笑あれあれっと思ったら子供になりきって絵日記読みはじめちゃうし(≧∇≦)
聞きたかったな〜。こういうときに限って聴けないんですよね。

>相変わらずお話が上手なゲストにはやたら感心しちゃうんですよね笑
そうかもしれないですね。でも岡田だって大丈夫!

>チームラボの踊るアート展はすでに行きましたが大人も楽しいですが、子供は特に楽しいと思います!混んでますがオススメ(^_-)
そうでしたか。まだやってるんですか?

>ははさま、私も林先生観てました!まだインフルなったことありませんが5日こなくていいよって言われたらちょっと凹むのでちゃんと予防しま〜す。笑
5日くらいはウィルスが体内にいるのでしょうかね〜。自分としては元気なのに外に出ちゃ行けないって言うのは実際辛いですよね。



naoさん、

>「スペースコンポーザー」って私も初めて聞きました。そんなお仕事があるんですね。
音楽家がつけただけあって“コンポーザー”…作曲家ってことでしょうか(作家、かも?)。

>私の知らない方がゲストに来られることが多くて、いろいろと勉強になります。
本当にそうですね。そして岡田くんはやっぱりいろいろ幅広いなぁって。

>飛び出す絵本の絵日記って斬新なアイデアですね。
というか…そういうの、作れてしまうところが凄い。

>3年生風に読む岡田君、可愛いなあと想像しています(^^)
聞いてみたいですよね。可愛いかったんだろうな。

>私は絵心のカケラもなかったので、絵日記というと書きたくなかった思い出しか浮かばないです。
そうそう。それに、毎日何があるわけでもないから、ネタもなくて…。

>1年生の夏休み、宿題の絵日記を母に手伝ってもらって何とか書いて提出しましたが、後で考えると大人が手伝ったのが先生にバレバレだっただろうなと思います(笑)
私は絵日記はともかく、毎日の天気や温度の記録が苦手で。大変でした。

>カラコン、流行っているようですね。近所の雑貨店にも「カラコンあります」と書いてあり、「え、こんな店でコンタクト買うの?」と驚いたのですが、気軽に買っちゃう人も多いのでしょうね。
身近なお店に売っているんですね。そういうところのはきっと安いので若い子でも買えるんでしょうね。でも、粗悪品も多いので…。

>目に直接入れるものだから、じゅうぶんに気をつける必要がありますよね。
そうなんですよ。目に模様が転写されることもあるようですし、形も合ってないでしょうし、とにかく危険。1,2時間程度ならいいんでしょうけど…。

>私も学生の頃から長年コンタクトを使ってきましたが、年を取るにつれて付け外しがどうも面倒になってきて(ダメですよね)、2年ほど前に完全にメガネオンリーに戻ってしまいました。
ちゃんと作ったコンタクトでもそうなんですものね。消毒もちゃんとしないといけないし。

>メガネも曇って視界が真っ白になったり、不便なこともあるのですけど。
確かに。

>AGFのCMは新バージョンがあるのですね。まだ出会っていないな〜。楽しみにしておきます♪
すみません、新しいのかと思ったら、同じでした。ただCMのあとにキャンペーンのお知らせがありました(^^)
済みません、早とちりして。

>麦とホップはよく流れていますね。相変わらずカッコいい岡田君ですが、前のCMの岡田君のウインクにやられていたので、なくなってしまってちょっとだけ寂しい気もしています(^^;)
あぁ〜ウィンク!あれ、よかったですね(^^)
今回は楽しい雰囲気。でもやっぱりセクスィなんですよね〜。
あ、顔なじみのレジのかたが、麦とホップのCMがかっこいいって言ってくださいました。



けいさん、

>今日の雑誌はHanakoの健君連載、P115ですよん。
そうそう、別の本屋さんではあっさりと『Hanako』がみつかりました。
かっこ可愛い三宅くんでした。



すふれさん、

初めまして…でよろしいですかね〜(^^)

>毎回、200%楽しませていいだいてます
ありがとうございます♪

>縁起でもないことですが、昨年末から不安に思っている事を吐露させて下さい。V6が20周年を期に解散しないだろか?という不安です
おお…なんと…。
でも、ファンをやっていると1度や2度はそういう心配をしてしまうものなんですよね。

>10年ぶりのトニセン舞台、イノッチの紅白「いい記念になりました」発言や、岡田くんのアカデミー賞辞退なしなど、それぞれは、嬉しい出来事ですが、なんだか、思い出作り的要素を感じてしまいます。
確かにいろいろありましたものね。

>ただの被害妄想ですか、思考の中で不安がくすぶってます。解散したら、したで、しょうがない事ですが・・・。
こればっかりは誰も断言はできないですね〜。
でも、まだまだ行きますよ、なんてことも言っていたような気がしますし、20年は確かに節目ですが、私は飛躍の為の節目と思いたいです。V6はますます結束が強まっているような気がするので(^^)
ま、何があろうと、6人を応援することに変わりはないということで(^^)
まだまだ一緒に応援していきましょう!!
あ、いのっちや三宅くんは自らV6ファンを表明してはばからないので、この二人が万が一の時は阻止するんじゃないでしょうかね(^^)、とも思います。

posted by さすらい母 at 22:11| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
母さま、みなさま、こんにちは。

私はあまり映画館で映画を観る方ではないのですが、やっぱり迫力が違いますよね!

確かに、アクションを見るとどうしても岡田くんと比べてしまう(^_^;)最近、やっと撮りだめしていた「ウロボロス」を観たのですが、アクションシーンになると岡田くんが浮かんじゃいます。

AGFのCM、なかなか新しいのに出会えないです…。どんな感じなのか、わくわくです(^^)

母さま、ウッドデッキ、ラティスを少ししかつけていないので、縁側っぽくなってますね♪

リリーさんGRレポありがとうございます!

すなふきんさん、アメージパングのレポありがとうございます!次にジャニショに行く際は、ぜひ誘ってください(^O^)ありがとうございます。
Posted by そら at 2015年02月13日 10:15
母様皆様こんにちは。
2/13、本日の掲載雑誌です。
・「オリスタ」⇒P58に麦ホの会見インタビュー記事1P掲載です。インタビュー記事がメインで、写真は1枚のみ、1/6Pサイズくらいの浅野さんとのツーショットの1枚のみでした。そのぶん、会見での発言は詳しく載っていますが。
最近官兵衛ロスからの岡田君不足でどうしてもお写真をもっと!!いや、動く岡田君をもっと!!と思ってしまいます。

母様、ジョーカーゲーム、原作面白かったので気になるのですが、どうも見に行く暇がなさそうです(^^;
ウロボロスすら、録画はしているものの、まだ1話も見ていない始末・・・
困ったもんです(^^;
Posted by けい at 2015年02月13日 10:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック