お願い
ご愛読ありがとうございます。
コメントを投稿される場合、ハンドルネームは他のかたと区別ができるよう「お名前らしいもの」でお願い致します。
そうではないと判断させて頂いた場合、削除させて頂くこともありますので、ご了承下さい。
携帯からの投稿の場合、絵文字は文字化けしますのでお使いにならないようお気を付けくださいませ。

2017年07月04日

フィッシングメール

台風の被害は大丈夫でしょうか?


緊急情報です(ご存知かもしれませんが)。

『ライン会社はお客様から、ラインのアカウントが盗まれたことによるアカウントの変更申請のメールをいただきました。このメールは確認のために送信するものです。もしご自分で申請された場合、このメールを無視してください。本人以外の操作である場合、次のリンクをクリックして登録申請を解除してください』
というメールがフリーメールに届きました。
一瞬メールにあったリンクに飛ぼうかと思いましたが、念のためネットでこの文面を検索するとフィッシングメールだと判明!!
皆さんも気を付けてください。
もっともらしいメールなので。
どんなメールでも、たとえ公式であっても個人情報(特にパスワードやID、暗証番号)を入力させるものに関してちょっと立ち止まって調べてみることが大切だと思いました。
なお、LINEのヘルプによれば、LINEのトークでも同じようなものがあるらしいです。
https://help.line.me/line/ios/?contentId=20003774
『迷惑トークまたは迷惑メールが届いた』
『LINEを騙った連絡が届いた』
『アカウントを乗っ取るためのトークやメールに注意してください』
また、フィッシング対策協議会という団体のHPも参考になると思います。
https://www.antiphishing.jp/



では、レスり〜です!



すなふきんさん、

>もう少しだけ聞いて下さいますか?
もちろん(^-^)

>昨日29日、月命日でで、5ヶ月経ちました。あっという間だったようにも思えるし、まだ5ヶ月しかたってない、とも思える不思議な感覚です。
月日の経つのは早いですものね。気が付いたらもう7月で…。

>また、先月から父が介護生活に入ったわけですが病院や区役所、介護関係の事業所の方との面談が何回もあり、それはそれで、別に苦痛ではないのですが、そのたびに、娘さんはお一人ですか?他にご兄弟は?と聞かれるのが辛くて…。
私も手続きはしたのですが、そういう質問はあまり気にならなかった…というのも私は一人っ子だからかもしれないですね。

>心の中で(今年の1月までは妹がいました…)とつぶやきながら「はい、1人です」
妹さんが亡くなってからとの時間が短いだけに余計に感じてしまいますよね…。

>こういう事にも慣れていかなければいけないんだと、言い聞かせながら、毎日を過ごしています。
そうなのかもしれませんね。

>ごめんなさいね。母さまに愚痴ばかり聞いてもらって…。
なにかあればいつでもどうぞ(^-^)

>アルバム、私もやっと発注しました。今までは早々と発注して特典グッズの絵柄が発表になってからあわてて変更する…を繰り返していたので、今回は、じっくり発表を待って決めました。
私も今回は待ってから決めました。もともとあまり取り消しとかはしなかったですが、やっぱりわかってからだと納得して決められますね。

>Aをセブンネットで、オリジナル缶ミラー。Bを新星堂で、横顔シルエットのトート。通常盤をmu-moで、オリジナルステッカー。と〜っても、楽しみです。
私は缶ミラーは使うかどうかな〜と思って、持ち歩けるステッカーを2種類にしました。

>ただ、名古屋公演の直前なので、絶対覚えるまでには至らないこと必然!私のポリシーには添えないということで残念です。次の横アリまでには完璧に覚えるぞ!と意気込んでいます(笑)、
さすが!!
私は初見は全く気にならないので(むしろ新鮮に感じるかな)覚えられなくても大丈夫!!
V6のステージなんですもんね。初めての曲でも楽しめます♪
posted by さすらい母 at 23:29| 東京 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 危ない話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは!

フィッシングメール!怖いですね〜。釣られないように気を
つけなければ!いつも、いろいろ為になること、気をつける
ことのお知らせありがとうございます。

先日はぐだぐだの愚痴を聞いてもらって、ありがとう
ございました。


今週は海賊のDVDが来ましたね。さっそく特典ディスクから
観始めめましたが、ボリュームのある内容なので、ちょこちょこ
時間作って観ています。特に自分が参加できた舞台挨拶は、
感無量でした。ロングインタビューの場面では、すぐ後ろに
店主の写ったポスターがあって、ちょうど岡田くんの顔と並んで
見れるのですが、どうしても同じ人だとは思えないんですよね〜。若い時代の頃の、なのにね〜。髪型だってそんなに違わないのにね〜。
この、海賊、の映画に出てくれて本当に嬉しかったです。
今はまだ、岡田くんは36歳。実際に60代になる頃には私は
いくつになっているんだろう?数えたくないです(笑)
60代以降の岡田くんの演技を観ることが出来るだろうか?と考えた時、特殊メイクではあってもきっとこうなっているんだろうなぁ〜と想像できました。

関ヶ原、散り椿、とまたお侍さんが続くので、この次こそは、
普通の現代人の役のオファーが来るといいですね。
Posted by すなふきん at 2017年07月07日 23:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック