お願い
ご愛読ありがとうございます。
コメントを投稿される場合、ハンドルネームは他のかたと区別ができるよう「お名前らしいもの」でお願い致します。
そうではないと判断させて頂いた場合、削除させて頂くこともありますので、ご了承下さい。
携帯からの投稿の場合、絵文字は文字化けしますのでお使いにならないようお気を付けくださいませ。

2017年08月26日

関ヶ原

『関ヶ原』に行ってきました!!
そこからひらパーまでは徒歩23時間だそうですけど。
http://www.hirakatapark.co.jp/sekigahara/
半分よりは入りが多かったですかね〜。
だいたいわたしあたりから上の年代ばかりでした。
つまり、題材もそうでしょうし、岡田くん自体がそういう年代の人たちに抵抗なく受け入れられているということで、“役者・岡田准一”が浸透しているってことなんだと思います。
物語はなにか語り手がナレーターとして語っていく形式でした。本を読んでいないのでそこらへんの作りが本と同じかどうかはわからないです。
そして、これからご覧になる方で歴史があまり得意ではなかった方にアドバイスとして、本を読んでおいたほうがいいかも…。少なくとも、人間関係とどこの人かというあたりを押えておいたほうが良いかも…。
背景を知らないとよくわからないです(^^;
私は日本史(世界史も?)が全くダメで、授業で覚えているのは先生の脱線話だけという体たらくなので、今日の映画は名前が出てきてもどこのどういう人かが全く分からずに終わってしまいました。
それでも見ごたえはありましたし、岡田くんの馬術の凄さは誰が見てもわかるはず。
忍びのものの活躍も描かれていて、そういうのもなかなか面白かったです。
中越嬢も出ていて、けがをした兵士の治療にあたっていて(野戦病院)、「はらわたが抜け出たのは温めて少しずつ押し込んで」「(首のあたりを斬られたその傷を押えながら)止血が終わればまた(戦場に)戻れます」っていうセリフにびっくり!!出てしまった内臓を戻せばOKなのか〜。
…想像しないようにしようっと♪
やっぱりここまでできる役者さんってそうそういないから、やっぱり使いたくなりますよね。
馬術、古武術に長けているし。
でも、本当に次くらいはテレビで毎週会いたいです。
軽めのアクションを観たいよ。
私が死ぬまでにはぜひ!!



では、レスり〜です!



すなふきんさん、

>かなりご無沙汰してました。
こちらも随分間をあけてしまっていたので…
ありがとうございます。

>母さまは、この夏の暑さで体調崩してはいないですか?私は何よりも暑さに弱くて、もう、毎日「暑い!」「暑い!」と言い続けて周りの人にウザがられています(笑)
暑いですよね〜!!でも、暑さそのものよりも湿度が嫌です。着ているものがべたべたと貼りつくから(^^;

>岡田くんの番宣番組が、毎日のように放送されていて、嬉しい悲鳴です。
おちゃめな一面も見えて楽しいですよね。

>母さまは録画されないのですね?うちはリアタイ出来ない環境なので、オール録画です、
録画はしていますが、それをテレビにつながっているデッキを使って観るのは子供との兼ね合いでなかなかむつかしいので、どちらかというと保存用なんです。なので逆にリアルタイムでないとなかなか。TVerのようなのはありがたいです。

>ですが…、トキカケだけ予約したつもりになっていて、確認も怠り、録画失敗でした。
あ〜、残念!
岡田くんの理想の家を聴き取ってそれを設計士に設計してもらって、模型を作ったのがスタジオに登場。
それを作るとなると、家だけで15億だそうです。

>関ヶ原のエピソードがいろいろ聞けて楽しいし、岡田くんの頑張りが垣間見えて、嬉しいです。監督や共演者からの賛辞も誇らしいです。
余り事前に知るとそれが雑念になってしまうので良し悪しなのですが、監督に信頼されていたりとかそういうエピソードは本当にうれしくて!(^^)!

>いよいよ、明日ですねー。私も地元の映画館の初回に行ってきます。三成くまさんを連れて行きます。観てきたら、また、いろいろお話ししましょうね。
観てきました!!
年齢層が高かったです〜(^^;
ラベル:岡田准一 関ヶ原
posted by さすらい母 at 22:08| 東京 ☁| Comment(2) | 岡田准一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

行って来ました。ほぼ満席で、やはり年齢層は高めでしたね。
噂では聞いていましたが、かなりの早口!
聞き取れないセリフ結構ありました。
原作は、三巻中、一巻の途中…という情けない状況で観に行ってしまったけれど、せめて次に観に行くときは、パンフレットを読んで勉強します。
バンカーとの相性は抜群ですねー。乗馬姿のかっこいいことこの上ないです!
三成の義を貫く心、初芽への愛おしさいっぱいの表情、家康に対する態度、どれを見ても岡田くんの思う三成が生き生きとそこにいました。
思わず涙した場面もあり、早く2回目を観に行きたくて、たまりません!

来週の「愛なんだ2017」も楽しみですねー!
幸せな時間が続きます!
Posted by すなふきん at 2017年08月27日 01:16
母さま、こんばんは。
ご無沙汰しております。

力の限り!申し込んだ横アリが全滅してしまい、落ち込んでおりました。
(舞台挨拶も番協も何も当たらな〜い)
でも、一度オーラスに行ってみたいと静岡を申し込んでそっちは当たった!とよく見たら「追加公演での当選」でした。
え、平日!?その日程仕事がやばいかも"(-""-)"
ということで静岡行きます・・・そのはず・・・

とこんな調子でしたが、「The ONES」があまりによくて浮上。
刹那的〜好きだ〜他もいいし、V6のパフォーマンスも最高。豪華だし。
あと、岡田君の「狛犬違う〜!!」でだいぶ楽しみましたww

岡田君&V6ウィークはほぼリアタイできました。
Mステは2週に渡って六本木中から何かをかき集めてきてくれてありがとうだしww
(ウルトラFesも楽しみ!)
トキカケはそれ、理想のマイホームじゃなくて理想のジム(経営?)、と突っ込んでました。V6仕様なのはまさに理想でしたけど。
ウチガヤのガヤの中にどこ行くんですかゲームで声かけられた人とか、コンサートスタッフしてた人がいたのにはびっくり。

「関ケ原」も初日に行って参りました。
実は刀のペーパーナイフが欲しくて。
あれは絶対売り切れるぞと。案の定でした。
刀は三成くまに添えました。ちょっと大きいかww
近くの映画館では一番大きなハコだったので画面も音もド迫力で見れました。戦闘シーンすごい。
2/3くらい埋まってました。新興住宅街のモールの中のせいか、小さな男の子をつれた家族から老夫婦まで、みごとに年齢層バラバラでびっくりしました。夏休みだから?
いろいろ楽しめましたが、私はあの早口に面食らってしまって。原作は読んでるけど・・・長台詞が頭に入ってこない・・・
とりあえず、もう一回見てきます。
また岡田くんの手に見とれてしまったww
Posted by かわねこ at 2017年08月27日 22:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]